人気エリアに住む!不動産屋で理想の物件を探す

住宅

人気の蔵の街で家を建てる

住宅

中心街を外れた場所を狙う

首都圏で一戸建て住宅を建てる人の中で人気が出ているのが川越です。川越市内には私鉄が2路線、JRが2路線乗り入れているので、東西南北どちらへのアクセスも非常に便利です。しかも都内のターミナル駅までは私鉄の1路線で30分、もう1つの路線で1時間という近さです。しかも最近は地下鉄との相互乗り入れがあるので、都心部や湘南方面へも行きやすくなっています。川越で一戸建てを建てる場合にまず地価を調べますが、駅周辺部は地価が上がっており坪単価も70から80万円台になっています。地価の安い土地を探すのなら川越の前後の駅周辺が狙い目になります。坪単価が半分になる場所があります。インターネットで検索すればエリアごとに住宅の値段の違いがわかりますから、おおよその見当をつけて実際に現地に足を運ぶことが大切です。地元の不動産屋にはネットに上がる前の住宅情報がたくさんあるので、それらを活用することも必要です。川越中心部からバス便で20分程度離れた場所なら、かなり広い土地でも安く購入できます。子育てファミリーには選択肢の1つとして探してみる価値はあります。川越中心部からのバス便はかなり多めなので、通勤通学にはそれほど不便というわけではないです。川越は蔵の街として観光客が激増しているので、住宅地として選ぶのなら多少離れた駅の方が手頃な物件がたくさんあります。予算が限られていて川越に住宅を求めるなら、中古マンションなどがおすすめになります。